新・MUSIC8089です。 さて、何が飛び出すやら・・・。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさま、大変長らくお待たせ致しました。
8089人気投票】 ~心に残るジャケット・アート~ の結果発表です!

って、遅過ぎーっ!!笑

で、突然ですが、
プレゼント当選者の発表です!
票が全くバラけてしまって人気投票の体をなしておりませんが(苦笑)、下記の2枚のアルバム
がそれぞれ2票を獲得しました。

 「Tango in The NightFleetwood Mac

 「AsiaAsia

よって、それぞれに投票して頂いた

 nrさん
 ちかちゃん
 リュウリュウさん
 240さん
 
に特製CDをプレゼントしまーす♪
鍵コメでご住所、お名前を知らせてね。

どんなCDをお送りするかはお楽しみに☆

↓では、投票結果をご覧下さい。素晴しいジャケット・アートが見事に集まりましたよ。↓
m1FLAUNT ITSIGUE SIGUE

敬称略で御免!

楊ぱち
御奉行様、こんにちは。
心に残るジャケット・アートでござますか?
ASIAやIRON MAIDENのジャケットが当時はお気に入りでございました。
1枚だけ選ぶとすれば…

SIGUE SIGUE SPUTNIKの「FLAUNT IT」です。

ジグジグのジャケットの、あのちゃちなロボットといい、“見せびらかしましょう”という謎
の日本語のメッセージといい、かなり脱力した記憶がございます。
“Love Missile F1-11”、今聴いても充分イケてまする。
3年ほど前、当時の勤務先の支店長が洋楽好きな方で、偶然ジグジグの話題で意気
投合し、「くだらないけどいいよねぇ~♪」とバーで語り合った淡い記憶が…(*^^*)

一番槍を狙って、あまり深く考えずにコメントした次第ではございますが、何卒宜しく
お願い致します。

m2Tango in The NightFleetwood Mac

nr
SGTペパーズとかサンタナの天の守護人とか、ゴチャゴチャ書き込まれたんが好き
なんで、80'Sでは Fleetwood mac-tango in the night でお願いします。

曲はLittle Liesで

http://jp.youtube.com/watch?v=3l3HVc5NwSM

chikazo
よしさん、まいど♪
お奉行、三河屋参上でござりまする。
なにやら気分は江戸時代(!)でござりまするな(笑)。
さて、この三河屋のこころに残るジャケットといえば、芸術性の高き1987年のフリート
ウッド・マックのアルバム「タンゴ・イン・ザ・ナイト」でございまする。
大好きな収録曲は「Big Love」「Seven Wonders」「Little Lies」。いずれも甲乙つけが
たくございますれば、ご勘弁くださいまし。あえて申し上げれば、「Little Lies」でござ
いまする。
当時、学生時代によく聴いておりましたアルバムにございまする。
また、ジャケットデザイン・楽曲・完成度ともに高く、20年以上経た現在も輝き続けて
いるアルバムとなっておりまする。
ぜひとも、よしなにお取次ぎの程を・・・。

連日のお役どころご苦労様にございまする。のちほど芸者衆も控えておりまするので
・・・ゆるりと。

m3TRICK OF THE LIGHTMODERN ROMANCE

キルザキング
殿!
キルザ半蔵、参上仕りましたぞ。

「心に残るジャケット・アート」…
悩みましたが、拙者はこの1枚に決めました。

「MODERN ROMANCE / TRICK OF THE LIGHT」

そして、アルバムの中の1曲は「HIGH LIFE」を挙げまする。

さて、このアルバムの思い出でござるが…

実はこのアルバム、拙者の買ったものではなく、借りっぱなしで
返すことができなくなってしまった物なんでござる。

当時、まだ10代だった拙者はアルバイト先の「きれいなお姉サマ」
に気に入られ、よく食事に誘われたりしておりました。
しかし、まだまだお子ちゃまだった拙者は、大人の恋に発展させ
ることができず、軽い後悔とアルバムだけが手元に残った…とい
う稀代の逸品でござりまする。

故にこのジャケットには、ボディコン・ワンレン、そしてシャネルの
パフュームのイメージが刷り込まれておるのですよ。(^^

m4The Story of a Young HeartA Flock of Seagulls

dan
黒地にチューリップとルビーのヘッドのネックレス(?)、裏ジャケは、
そのデッサン…シンプルで美しい!!!
当時、深夜にソニーのCMでThe Story of a Young Heartが使わ
れてました~
LPのジャケットを部屋に飾ってましたよ。

pTen Out Of 1010cc

ぷくちゃん
それでは10ccの「Ten Out Of 10」というアルバムを。ジャケットもシュールですし、この中に収められている「Survivor」という曲は最高のお気に入りです。今度は80年代のアルバムで大丈夫かな・・・

ppTrue BlueMADONNA

パリスママ
「True Blue 」MADONNA
高校生のときに、美術の授業でこのマドンナのアルバムのジャケットの写真をイラストで書いた思い出があります♪
あの頃はまだレコードだったんですよねぇ~

o1984Van Halen

オンデン1970
ぬあははは!<閣下か?!
こんばんは~。
最後まで迷ったけど
ヴァン・ヘイレンの「1984」に決定!
なんたってLPで持ってるモンね。
CDよりもでかい画のエンジェルくんは迫力よ~ん♪

あ、PV共々「パナマ」も好きだけど、やっぱここは「ジャンプ」でしょうね。

あSEEDS OF LOVETears for Fears

あ~る
よしさん、はじめまして。
りょ~さんのブログから来ました。

面白そうな企画ですね!私も参加させていただきます。
「心に残るジャケット・アート」ということで、ティアーズ・フォー・フィアーズの「SEEDS OF LOVE」、曲は「SOWING THE SEEDS OF LOVE」に1票入れさせてもらいます。

最近知って、愛聴しているアルバムです。ジャケもインパクトのあるサイケなデザインで印象的です。
上に挙げた曲は、あの空耳アワーの記念すべき第1回に紹介された曲らしいですよ。

みWarU2

ミホ
このテーマになるとは思わなかったので唸ってます(笑)
あり過ぎて難しいのでここは直感で。
U2の「War」です。
勤め先のCDショップ(当時はまだぎりぎり「レコード屋さん」ですね(笑))で
このジャケットの強い視線と対面する度にドキドキしていました。
初めてアイルランドであんな事が起きていると実感させられたバンドです。
曲は…うーん、これも悩むけど。
あえて「New Year's Day 」で。

ryuAsiaAsia

リュウリュウ
80年代、「心に残るジャケット・アート」と言えばこれ!

エイジア「詠時感~時へのロマン」!

今日はアルバムの中から「ヒート・オブ・ザ・モーメント」で。

曲もさることながら、「詠時感」って日本語タイトルにも惹かれました。
ジャケットもオレ自身がモチーフです♪

240
こんばんは!
ようやく参戦です^^。
我々世代はやっぱりロジャー・ディーンが描いたエイジアのデビューアルバムでしょ??
もちろん「ヒート・オブ・ザ。モーメント」でお願いします。
洋楽を聴き始め、初めてリアルタイムで聞き込んだアルバムがこれです。ターンテープルにこのLPを載せて、ソファに座り、スピーカーから流れてくる音を真剣に聞いていたものです。

goShe's So Unusual Cyndi Lauper

ごまめ
She's So Unusual : Cyndi Lauper
シンディ・ローパーは個人的にかなり強烈でした。。このアルバムも色気と言うかなんというか、赤が強烈でとにかくアメリカンな感じでした。メロディーと違って、絵のほうはなかなか思い浮かばないっすね・

makiLarks' Tongues In AspicKing Crimson

万紀
はい、悩みすぎると余計決まらなくなるので、悩むのやめました。半ば投げやりな・・・いや、いい意味で(笑)。似非プログレッシャーにとっては酷なお題。レコードジャケットの面白さも似非プログレッシャーやってる大きな原因なのでございますよ。
で。選びましたのは。
【「太陽と戦慄」(Larks' Tongues In Aspic)by King Crimson】
その1曲目の、『Larks' Tongues in Aspic, Pt. 1』が特に堪りませんね。
クリムゾンで最初に聴いたのがこのアルバムでして。はまりましたもの。
ジャケットのイラストを、「戦慄君」と呼び、たいへん親しくしておりました。

yuH2OHall&Oates

ゆっち
よしさん♪こんにちは!
ちょくちょく見にきておりましたが、なかなか一つにしぼりきらず、
だいぶ迷いましたが、やはりここは大好きなホール&オーツのアルバムで行こうと思いますヾ(=^▽^=)
『H2O』のジャケットでお願いします♪
肌の上を流れる汗?水?が印象的なジャケットでした!
『H2O』の中では、やはり『マンイーター』ですね~!
この曲がきっかけでホール&オーツのファンになったので(* ̄m ̄)

suWhat You Won't Do For LoveBobby Caldwell

smokyee
まいど!
遅れ馳せながら参戦です。
ボビーコールドウェルのイブニングスキャンダルでお願いします。
あの切り絵のようなジャケは印象的でしたね。
その中の一曲は難しいけど、スペシャル・トゥー・ミーでもなく、カム・トゥー・ミーでもなく、テイク・ミー・バック・トゥー・ゼンにします。
今の時期の夕方に、海辺で聴きたい一曲です。

meiKalapanaⅢKalapana

メイル♪
こんばんわー♪
お約束どおりに来ました♪
o(*^▽^*)oエヘヘ!

メイル♪の夏のアルバムは・・・
うーんと、うーんと悩見ましたが・・・。
「カラパナ3」にしました♪
このアルバムの名曲「Many Classic Moments」は最高ですね!
当時、サーファーだった彼にカラパナのアルバムを入れたカセットをもらって、聞いたときにはまっちゃった曲が「Many Classic Moments」です♪30年経った今聞いても新鮮!
ハワイのサンセットビーチが実に浮かびます♪o(*^▽^*)oエヘヘ!
(言ったことないけどぉ・・・)
というわけで、「カラパナ」に決定!
Air Supplyの「Lost In Love」とどっちにしようかと、ずいぶん悩みましたが・・・。
エアサプライは次回にします(笑)
ということで、集計頑張ってくださいね!o(*⌒O⌒)bふぁいとっ!!
結果を楽しみにしていますね♪

小野小町姫こと、Mailbox2005でした♪

loMr. Bad GuyFreddie Mercury

lonehawk
参戦が遅れましたが、70年代~80年代の洋楽ジャケで印象に強く残っているのは・・・。
フレディ・マーキュリーの『MR.バッドガイ』ですね。
レコード店でフレディの強烈なポスターを見て思わず一目ぼれしてしまい、当時クイーンのクの字も知らないのに買ってしまい、その後の音楽人生に新たな方向性を切り拓いた個人的な重要作です。
クラスでは散々バカにされましたが、それでも地道に布教していった末に、周りに数人のフレディ好きができました。
曲はもちろん「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」です。
この曲は後にフレディ亡き後の三人が演奏を付けて再リリースし、特に日本ではドラマのおかげで完全にクイーンの曲として認識されてしまいましたが、アレはれっきとしたフレディの曲だと強く言いたいですね。

chiSongs from a big ChairTears for Fears

千絵
Tears for Fearsの、
「Songs from a big Chair」に1票!
その中の思い出の曲は、
「Shout」です。
当時、suzuki「カルタス」のCMソングに使われていて、館ひろしがイメージキャラクターでした。
歌詞が割と短い英文だったので、英和辞典や熟語辞典を駆使して一生懸命和訳した日々が懐かしいです。

HiLONG DISTANCE VOYAGERThe Moody Blues

Hiropon
誰も選らばなそうなの選ぼう。

"LONG DISTANCE VOYAGER"(ムーディー・ブルース)
1曲はもちろんオープニングの"THE VOICE"

どーだ、絶対1票しかはいらないぞー(笑

次点:「こわれもの」(YES)

REALReach The BeachThe FIXX

REALLIFE
こんばんは。
私はこれにしますね。実は一番先に思いついたのが既に出ていたので変更して投票しようと思いました。このアルバム、誰も投票してないことを祈りつつです。
アルバム「Reach The Beach/The FIXX」
この中の一曲は「Saved By Zero」です。
思い出は特に無いのですが、曲、アレンジなど当時ガキだった私のツボにはまり、今でも好きで時々聴いています。80年代らしくシンセも入ったブリティッシュロックです。
ではではよろしくお願いします。

emyScoundrel Daysa-ha

えみゅーる
A^haの2ndアルバム『スカウンドレル デイズ』のジャケが一番のお気に入りです。迫力があるのでCDよりLPのが好きです。A^haの出身地、ノルウェーの大地を吹き抜ける風、そよぐ緑。そしてグリーンがかったフォトが遠い白夜の国を思わせます。
お気に入りの曲は「october」かなり寂しい歌ですが霧の多いロンドンの街へマインドトリップできていいですよ。

unRock and Roll OverKiss

uniko@ニャンくん
ギリギリ間に合ったでしょうか?
遅刻した上に、選んだのは・・・あまりにも有名なジャケットアルバムですいません。
とはいえ、私の小学校生活をえらく濃い~く彩ってくれた名作です。
選んだのは
『地獄のロック・ファイアー/キッス』
イラスト、今でも完璧やっ!と思います。
ほんで、選ぶ1曲はやっぱりコレ↓
「ハード・ラック・ウーマン」
イントロのアコギの音色とピーターのしゃがれ声が始まると今でもキュ~ン☆懐かしいほろ苦い気持ちになります☆

saLovesexyPRINCE

さかずう
たいへん、遅れました~、さかずうです。

『ジャケットアート』ですか!!

いろいろありますが、やはりインパクトという意味でも、『ラブセクシー / PRINCE』でしょう!!
素晴らしい!・・・かどうかはともかく、これほどレジに持っていくのに勇気がいったアルバムはありませんでした。
・・・こういうのも、ありですよね!!

RIOcean RainEcho & The Bunnymen

RIKI
お奉行、大変遅くなりました・・・やんごとなき用事に忙殺されておりましたが、やっとここに参上つかまつりました・・

私の1票はこのアルバム。
「Ocean Rain」 Echo & The Bunnymen ('84年)

エコー&ザ・バニーメン略してエコバニの4枚目のアルバムです。
ロック(ネオサイケ)とオーケストラサウンドの融合が素晴らしい名作。ジャケットの美しさも当時から話題でした。
でもあの頃はオーケストラなんて年寄り臭いわぁと思い、あんまり好きじゃなかったアルバム・・・何年か前に再聴して、その良さにやっと気づいたと言う。うーん。私も大人になりました(笑)

おすすめの1曲は「The Killing Moon」でしょう。PVでのヴォーカル・イアンの美しさにメロメロでした(笑)

shinParadise TheaterStyx

shintan
僕が心に残るアートワークはスティクスの「パラダイスシアター」。
初スティクスだった前作「ミスター・ロボット」がほんと大好きで、彼らの過去作を遡って購入しました。

シカゴに実在した劇場、パラダイスシアターの栄枯盛衰をモチーフにしたコンセプトアルバムのこの作品、賑わっている表ジャケと、うらびれて廃れた裏ジャケの対比がいい感じです。

で、この中の1曲というとやはり「The Best Of Times」かな。デニス・デ・ヤング作のバラードナンバーは染み入りますね。スケール感ある名曲だと思います。

haTurn BackTOTO

はまっこ
よしくん、こんにちは。
もう締め切りすぎちゃったんですね。。ごめんなさい~~もう集計しちゃったと思いますが。
番外編ということで、1票を。
TOTOの「ターン・バック」です。あのジャケットは、遠くから見てもバッチリわかるよね。
高校の時に2歳下の弟と仲良く(笑)順番に聴いてました。

yosiYou've Got The PowerThird World

よしくん
レゲエがPOPに擦り寄ったとの悪口も聞かれた(空耳?)1982年リリースの
このアルバム、実によく聴きましたなぁ。。。
スティービー・ワンダー がプロデュースしただけに実にツボを押さえており
ましたなあ。。。

嫌なことがあってもこのアルバム聴くと

 じゃ、ま、いっかぁ

という気持ちにさせてくれたっけ。。。(爆)

この後、拙者の嗜好は、ボブ・マーリー へとは向かわず、UB40 へと向かう
のであった。。。

ボブ・マーリー を真剣に聴いたのは、なんとここ2、3年のことでござる。。。
鳥肌モンだったっす!ウィッシュ!(と、手を交差させ、かなりムリして若者ぶる。)
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/10/27(月) 16:54 | | #[ 編集]
よしさん、まいど♪

さてお奉行さま、三河屋にござりまする。お久しゅうございまする。
今か今かとお待ちしておりました居城の修復の入札の一件、山吹色が効きましたか・・・この三河屋めに拝命つかまつりまして、うれしゅうござりまする。
いずれもよき時代の華のあった面々にござれば、なつかしゅうございまする。
また、ご公務にお忙しい身なれば、くれぐれもお気をつけあそばされますよう・・・。
末代までの家宝といたしとうございまする。


2008/10/27(月) 22:40 | URL | chikazo #8XEONt72[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/10/27(月) 22:51 | | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/10/27(月) 23:53 | | #[ 編集]
御奉行様、こんばんは。
楽しい企画を有難う御座いました♪
手柄欲しさに、ついインパクトだけでジグジグに投票してしまいました~(><)
皆様が選ばれたジャケットはいずれも素晴らしく、なるほどなぁ…と1枚1枚をじっくり鑑賞させていただきました。
プリンスのは流石に正視出来ませんでしたが(^^ゞ

御奉行様、集計お疲れ様でございました。
次回も楽しみにしておりまするm(_ _)m
2008/10/28(火) 01:55 | URL | 楊ぱち之介 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/10/28(火) 08:31 | | #[ 編集]
三河屋っ!
そちにはビリーの音盤の礼もある。
きっと末代までの家宝と致すのじゃぞ!(笑)
2008/10/28(火) 19:58 | URL | よしくん #-[ 編集]
楊ぱち之介、よくぞ参った!
楽しんでもらえたのなら何よりじゃ。
次回はいつになることやら。。。
じっくりと仕込まねばのぉ。。。
2008/10/28(火) 20:01 | URL | よしくん #-[ 編集]
ついに発表ですね♪
アタシにもなじみのあるアルバムが
数多く出ていて嬉しいですe-420
昔はレコードアルバムだったので
ジャケットの印象が今よりも強烈に
残りましたよねぇ
また楽しい企画をお待ちしています♪
2008/10/31(金) 10:05 | URL | パリスママ #-[ 編集]
お奉行さま、お疲れ様でした。さぁ、どうぞ、お茶でもお召し上がりください(´∀`)
朝から、たくさんのジャケットとコメントを拝見し、
とっても嬉しい限りでございます。
しばし、過去へタイムスリップいたしました(笑)
確かに、プリンスのジャケットはインパクト大!ですね^^;
エコバニのイアン、私も好きだったなぁ~とか、記憶が蘇ってまいりました!
よしさん♪、いつも本当に楽しい企画をしてくださって、感謝、感謝ですm(_ _)m
2008/11/01(土) 08:42 | URL | ゆっち #KLWLwWIs[ 編集]
いやあ、名盤ばかりがずらりと並ぶと、壮観ですなあ。

ジャケットだけでも目の保養となります。


ナンチャッテ^^)
2008/11/01(土) 21:41 | URL | キルザキング #W3zumXIw[ 編集]
ゆっち♪、ご無沙汰~っ!
楽しんでもらえたようで
うれぴー☆
2008/11/01(土) 21:57 | URL | よしくん #mQop/nM.[ 編集]
キルザさん、まいど!
うん確かに壮観でしょ?
2008/11/01(土) 21:59 | URL | よしくん #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://music8089.blog13.fc2.com/tb.php/207-bd18565c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。