新・MUSIC8089です。 さて、何が飛び出すやら・・・。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポメランツ
The Truth Of UsDavid Pomeranz (1980年)  聴く (Real Player)

 みなさんのブログをお邪魔していてよく目にしたのが今回取り上げるこのアルバム。
 「なんとなくクリスタル」 も 「成田離婚」 も見ていないし、このポメラニアン、じゃない、ポメランツさん
のことをリアルタイムでも聴いていなかっただけにどんな感じなのか逆に楽しみでした。

 
 ノスタルジックで繊細な感じがなかなかいいですね~♪

 1曲目の ‘The Old Song’ からグッと引き込まれていきます。

 ‘The Old Song’がインパクトが強いですが、5曲目の ‘The Truth Of Us (涙のくちづけ)’ も
心に沁みますね。

 やっぱりAOR系はいいなあ。。。

 ‘Fat’ という曲は、ちょっと他の曲と雰囲気が違うのですが、渋いというか、カッコいい曲です。


 ところで John Valenti の 「Anything You Want」 というアルバムはどんな感じなんでしょう?
ジャケットを見て思わず The Steve Miller Band の 「Abracadabra」 を思い出してしまいましたが。
 
 【スティーヴィー・ワンダーを彷彿とさせるメロディーの素晴らしさにノックアウトされること必至!】 と
HMVのレビューには書いています。今、気になる次の一枚ですね♪ 
コメント
この記事へのコメント
これ聴いた後に佐藤竹善聴くと、曲調と歌声がそのまんまなのが面白いです。最近気が付きました。
John Valenti の 「Anything You Want」は白いスティービーです。スティービー本人より粘っこいヴォーカルではないですが声質は同じ。楽しく聴けますよ。
2007/04/08(日) 22:42 | URL | soundbeat #bxXG0pwM[ 編集]
ブログ引越しされてたんですねー。
ご挨拶が遅れましてスミマセン。
改めて宜しくお願い致します。

さて、上でsoundbeatさんもコメントされていますが、John Valenti の 「Anything You Want」はかなりオススメですよ。
決して回し物じゃありませんが、是非ともお試し下さいね。
2007/04/08(日) 22:57 | URL | lonehawk #-[ 編集]
soundbeatさん、こんばんは。
佐藤竹善の話、面白いですね♪
John Valenti、良さそうですね。
ありがとう、聴いてみますね☆
2007/04/08(日) 23:59 | URL | よしくん #-[ 編集]
lonehawkさん、いらっしゃい!
そうなんです。表ブログと裏ブログの両方は大変なので、裏が表になりました。(笑)
John Valenti ですが、手に入れてみます。
ありがとう♪
2007/04/09(月) 00:01 | URL | よしくん #-[ 編集]
よしさん♪、早速視聴してきましたv-341
いいですね~(*^o^*)すごく好きな感じです♪
最近、私はまたマドンナの初期の曲をよく聴いているのですが、聴かせる歌声っていいですよね。。。
↑で話題になっている佐藤竹善さんは、私も今気になっているアーティストさんですv-410
今日もまた一日音楽聴きます。
2007/04/12(木) 09:26 | URL | ゆっち #VbjyZqmY[ 編集]
ゆっち♪こんばんは~。
コレ、なかなかいいでしょ♪
毎日、聴いてるよ。
佐藤竹善さんはほとんど聴いたことがないけど一度聴いてみようかな。。。
2007/04/12(木) 18:50 | URL | よしくん #-[ 編集]
こんにちは。John Valenti は出来の悪い時のスティーヴィーという感じです。

でも出来の良いスティーヴィーは超人的に素晴らしいので、出来の悪いスティーヴィーでもそこそこ楽しめます。(爆)
2007/04/12(木) 20:36 | URL | ぷくちゃん #-[ 編集]
ぷくちゃん、こんばんは。
 >出来の悪い時のスティーヴィー
何と分かりやすい表現なの!
 >出来の良いスティーヴィーは超人的に素晴らしい
ふむふむ。。。
 >出来の悪いスティーヴィーでもそこそこ楽しめます・・・
2007/04/12(木) 21:12 | URL | よしくん #-[ 編集]
こんばんは。
今更ですがジョン・ヴァレンティの記事をアップしたのでTBさせて頂きます。
ぷくちゃんの手厳しいコメントの通りですが、予想に反してかなりいいですよ。フィリー系の香りがプンプン。また楽曲もPOPでいい。私としては強烈におススメです。
2008/03/16(日) 20:49 | URL | 240 #9L.cY0cg[ 編集]
240さん、ご無沙汰致しております。
そしてコメント、TBありがとうございます。
なかなかいいですよね、ジョン・ヴァレンティ。
実は、昨年の四月にナップスターで見つけて聴きましたよ♪
続きは、そちらへお伺いして・・・。
2008/03/16(日) 21:27 | URL | よしくん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://music8089.blog13.fc2.com/tb.php/106-0daec818
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
久しぶりに更新。師走ってのは名の通り、忙しいものです。体調崩さないように気をつけましょ。AORの名盤が世界初CD化。80年にペログリ(って書いてわかるのかな?)の小説の影響で日本でも発売されて人気だったらしい。当時のことは全くわからないのでこの盤の存在自体知ら
2007/04/08(日) 22:30:08 | 日々是好収集
AOR界では相当の人気作だったらしいデヴィッド・ポメランツの『THE TRUTH OF US』が、世界初CD化&紙ジャケで発売されました。"なんクリ"ブームが巻き起こった1980年代初頭には国内盤LPが発売され、どうやらその時のブームに乗ったおかげか現在までその筋
2007/04/08(日) 22:53:24 | 芸術的生活、
白いスティーヴィーと云われたAORの名盤 ジョン・ヴァレンティ、もともとはモータウンの白人バンド、パズルのドラマーであった人物。その声はスティーヴィー・ワンダーそっくりで、自身初のソロアルバムとなる本作では、そのソウルへの傾倒振りが窺い知れます。 200...
2008/03/16(日) 20:47:44 | 音楽の杜
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。